So-net無料ブログ作成
検索選択

帰宅中の女子高生、男に刺され重傷…愛知・一宮(読売新聞)

 11日午後8時10分頃、愛知県一宮市八幡の稲荷公園で、「若い女性が男に刺された」と、近くを通りかかった男性から119番があった。

 救急隊員が急行し、背中などから血を流した若い女性を確認し、市内の病院へ搬送した。女性は顔や首、背中など数か所を刃物のようなもので刺されて重傷。刺した男は現場から逃走しており、県警一宮署は殺人未遂事件として捜査を始めた。

 発表によると、刺されたのは市内に住む高校3年の女子生徒。通報した男性が公園西側の歩道を歩いていたところ、悲鳴が聞こえ、その後、男が公園から出てきて、JR尾張一宮駅の方向へ走って逃げたという。女子生徒は帰宅途中で、「知らない男にいきなり刺された」などと話しているという。

 現場は同駅から北に約400メートルの市中心街。

<湯飲み茶わん>菅首相も仲間入り 岐阜で製作急ピッチ(毎日新聞)
<室蘭>名物「測量山ライトアップ」 寄付金不足で連続点灯ピンチ(毎日新聞)
<地震>ニューギニアでM7.3 津波の可能性(毎日新聞)
地方公務員共済のホテル、赤字穴埋めに巨額公金(読売新聞)
<平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)

社民党首、連立政権「加担できない」=菅氏は協力要請(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は4日、菅直人新首相の誕生に関し、「(米軍普天間飛行場の移設先を沖縄県名護市)辺野古と決めた日米共同声明が見直されない限り、加担できない」と述べ、連立政権への復帰は辺野古移設撤回が条件との考えを改めて示した。国会内で記者団の質問に答えた。
 一方、菅新首相は同日、国会内の社民党控室を訪ね、「普天間のことはあったが、それ以外はできるだけ協力して(いこう)」と要請。同党の重野安正幹事長は「いろんな話をさせていただく」と応じ、辻元清美前国土交通副大臣は「社・菅(車間)距離が難しい」と述べた。
 また、同じ控室を訪れた鳩山由紀夫首相は社民党の連立離脱に触れて「もう一回歴史をそこまで(戻したい)」と漏らしたが、辻元氏は「歴史は戻らない」と突き放した。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕菅首相が誕生=官房長官に仙谷氏
〔写真ニュース〕亀井代表らと握手する菅代表
〔写真ニュース〕福島党首と握手する菅代表

日中首脳会談 成果の裏に日本側の大幅譲歩 「白樺」出資は3分の1以下見通し(産経新聞)
職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)
<鳩山首相退陣>「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部(毎日新聞)
トイレ監禁の次男「試食で腹満たす」 母は目の前で酒飲み鍋料理(産経新聞)
宙に浮く郵政法案 廃案か それとも強行突破か(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。